意地も時には必要、苦しい時に出会うのが人生

苦しい時に自分を再発見する、弱い自分を認めることが、進歩だ。

恋愛も結婚も苦しい時に出会うものだ。

サン=テグジュペリ

船を造りたいのなら、男どもを森に集めたり、仕事を割り振って命令したりする必要はない。代わりに、彼らに広大で無限な海の存在を説けばいい。

人間はね、急行列車で走りまわっているけれど、何を探しているのか自分でもわかっていない。

不思議なことが多すぎると、それに逆らおうなんて気がしないものだ。

未来とは、あなたが予知しようとするものではなく、自分で可能にするものだ。

人間であるとは、まさに責任を持つことだ。自分には関係がないような悲惨を前にして、恥を知ることだ。

ぼくたちは、たとえどんな小さなものであろうと、自分の役割を自覚したときにだけ、幸福になれる。

人間は、障害にむきあったときに、自らを発見するのだ

人間であることは、自分の意志をそこに据えながら世界の建設に参加しているのだと感ずることである。

本当の贅沢というものは、たったひとつしかない。それは人間関係に恵まれることだ。

地球は先祖から受け継いでいるのではない、子どもたちから借りたものだ。

自分の内側を見てみても、ぼくは自分以外のものと出会ったことがない。

真実の愛は無限です。与えれば与えるほど大きくなる。

人間たちはもう時間がなくなりすぎてほんとうには、なにも知ることができないでいる。なにもかもできあがった品を、店で買う。でも友だちを売ってる店なんてないから人間たちにはもう友だちがいない。

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ。

一滴の水が、どうして己を大河と知るであろうか?だが大河は流れているのだ。樹木を作る細胞の一つ一つが、どうして己を樹木と知るであろうか?だが、樹木は伸び広がっているのだ。

僕の命を救ったのは、他でもない。このささやかなほほ笑みだったんだ。

救いは一歩踏み出すことだ。さてもう一歩。そしてこの同じ一歩を繰り返すのだ。

愛は、お互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである。

ぼくは、あの星のなかの一つに住むんだ。その一つの星のなかで笑うんだ。だから、きみが夜、空をながめたら、星がみんな笑ってるように見えるだろう。


貴女の恋愛の行方と結婚への時期は?恋愛相談 六本木OBERON's

この恋愛が未来の結婚へ繋がるか、長いお付き合いだけど結婚の言葉がない。 このままでいいのかと重い気持ち、結婚相談恋愛の六本木OBERONミッドタウン傍 結婚相談と恋愛相談を。